名古屋大学 大学院:博士課程教育リーディングプログラム(オールラウンド型)
文字サイズ
小
中
大
印刷する ページを印刷

PhDプロフェッショナル登龍門 フロンティア・アジアの地平に立つリーダーの養成

メンバー

全体責任者 松尾 清一(総長)
プログラム責任者 前島 正義(副総長)
プログラムコーディネータ 杉山 直(理学研究科教授)

企画委員会メンバー

杉山 直(コーディネータ)
Sugiyama.png 理学研究科教授(宇宙物理)、名古屋大学評議員。宇宙マイクロ波背景放射の物理過程解明により、日本天文学会林忠四郎賞・日本学術振興会賞を受賞。日本学術会議連携会員。
大屋 雄裕(国際連携担当)
Ohya.png法学研究科教授(法哲学)、名古屋大学総長補佐。
根本 二郎(教育推進担当)
Nemoto.png 経済学研究科教授(計量経済学)、名古屋大学評議員。
長谷川 好規(リクルート・キャリア支援担当)
Hasegawa.png 医学系研究科教授(内科学・呼吸器病学)、副研究科長、名古屋大学総長補佐。
肘井 直樹(学生評価担当)
Hijii.jpg 生命農学研究科教授(森林保護学・森林生態学)、副研究科長。
藤巻 朗(社会連携担当)
Fujimaki.png 工学研究科教授(電子工学)、名古屋大学総長補佐、研究推進室長。

運営委員会メンバー(学外)

浅野 碩也
東海テレビ放送株式会社・取締役相談役。慶応義塾大学法学部政治学科卒、法学士。同社編成局長、東京支社長、報道制作局長などを経て現職。日本民間放送連盟理事。
飯島 澄男
名古屋大学高等研究院特別招聘教授(材料科学・電子顕微鏡学)。名城大学教授、独立行政法人産業技術総合研究所ナノチューブ応用研究センター長、NEC特別主席研究員。日本学士院会員、文化勲章受章。
大村 秀章
愛知県知事。東京大学法学部卒、法学士。農林水産事務官、衆議院議員、厚生労働副大臣などを経て現職。著書に『戦略なき政治を斬る』(小学館クリエイティブ2010)など。
川口 文夫
中部電力株式会社・顧問。早稲田大学第一商学部卒、商学士。同社資材部長、名古屋支店長、代表取締役社長、会長などを経て現職。中部経済連合会名誉会長、在名古屋ドイツ連邦共和国名誉領事。
河村 たかし
名古屋市長。一橋大学商学部卒、商学士。衆議院議員などをへて現職。著書に『復興増税の罠』(小学館2011)など。
城所 卓雄
前・駐モンゴル日本国特命全権大使。東京外国語大学外国語学部卒、文学士、名誉経済学博士、名誉外交学博士。外務省経済協力局民間援助支援室長、サンクトペテルブルク総領事、モンゴル大使を経て退官。サンクトペテルブルク国立技術経済大学客員教授、モンゴル文化教養大学客員教授。
小出 宣昭
中日新聞社・代表取締役社長。早稲田大学第一政治経済学部卒、政治学士。同社ロンドン特派員、名古屋本社社会部長、同編集局長、東京本社代表などを経て現職。著書に『ニュースを食え:編集局デスクから』(中日新聞社2002)など。
齋藤 明彦
株式会社デンソー・特別顧問。名古屋大学大学院工学研究科博士課程終了、工学博士。トヨタ自動車株式会社製品企画統括部チーフエンジニア、第一開発センター長、取締役副社長、相談役技監、デンソー代表取締役会長などを経て現職。
アルタントヤー・ジクジドスレン
モンゴル国保健省第3・第4健康部門プログラム長、元・同省事務次官。名古屋大学大学院医学系研究科医療行政コース修了、保健行政修士(MMA)。モンゴル国医療サービス委員会事務局医療経済技術局長、同保健省医療政策計画局長などを経て現職。
柴田 昌治
日本ガイシ株式会社・相談役。名古屋大学法学部卒業、法学士、名古屋大学名誉博士。同社専務、代表取締役社長、代表取締役会長などを経て現職。
杉浦 昌弘
名古屋大学遺伝子実験施設特別教授(分子生物学)。文化功労者。
土屋 嶢
大垣共立銀行・取締役頭取。慶応義塾大学法学部卒、法学士。同行専務取締役などを経て現職。岐阜県教育委員会委員長、岐阜経済大学理事長、大垣商工会議所名誉会頭。
筒井 宣政
株式会社東海メディカルプロダクツ・会長。関西学院大学経済学部卒、経済学士。東海高分子化学株式会社代表取締役社長、株式会社東海メディカルプロダクツ代表取締役社長などを経て現職。科学技術庁長官賞、薬事功労者厚生労働大臣表彰などを受賞。日本バイオマテリアル学会評議員、日本人工臓器学会評議員、愛知県医療機器工業協会会長。
橋本 孝之
日本アイ・ビー・エム副会長。名古屋大学工学部卒、工学士。IBM Corporation勤務、日本IBM専務執行役員グローバル・テクノロジー・サービス事業担当、代表取締役社長などを経て現職。
房村 精一
元・名古屋高等裁判所長官、弁護士。東京大学法学部卒、法学士。法務省民事局長、東京高裁部総括判事、仙台高裁長官、名古屋高裁長官などを経て退官。東京都労働委員会公益委員(会長代理)、法務省公安審査委員会委員長。
益川 敏英
名古屋大学素粒子宇宙起源研究機構特別教授(素粒子物理学)、機構長。日本学士院会員、日本学術会議連携会員。ノーベル物理学賞、文化勲章受賞。
松永 和夫
元・経済産業事務次官。東京大学法学部卒、法学士。通商産業省入省、ジェトロ・ニューヨークセンター産業調査員、資源エネルギー庁資源・燃料部長、経済産業省大臣官房長、経済産業政策局長、事務次官などを経て退官。
吉田 守孝
トヨタ自動車株式会社・専務役員。名古屋大学工学部卒、工学士。同社レクサスセンターチーフエンジニア、トヨタ第一開発センターセンター長、製品企画本部本部長などを経て現職。

運営委員会メンバー(学内)

安藤 隆穂
経済学研究科教授(経済学史・思想史)。フランス自由主義経済思想の研究により、日本学士院賞を受賞。
大西 昇
情報科学研究科教授(視聴覚情報処理)、情報科学研究科長。日本学術会議連携会員。感覚運動統合による音源定位ロボットの構築により日本神経回路学会研究賞を受賞。
木俣 元一
文学研究科教授(西洋中世キリスト教美術史)、文学研究科長。シャルトル大聖堂研究により辻荘一・三浦アンナ記念学術奨励金を受賞。
釘貫 亨
文学研究科教授(日本語学・日本語学説史)。
金銅 誠之
多元数理科学研究科教授(数学)。K3局面の幾何と保型形式の研究により日本数学会代数学賞受賞。
近藤 孝男
理学研究科教授(時間生物学)、高等研究院院長。概日時計の研究により朝日賞受賞。
蔡 大鵬
高等研究院特任准教授(資源・環境経済学、産業組織論、国際経済学)。
斎藤 進
高等研究院・理学研究科准教授(分子触媒化学・有機合成化学)。
早川 操
教育発達科学研究科教授(教育学・教育哲学)、教育発達科学研究科長。
福田 敏男
工学研究科教授(ロボット工学、ヒューマンインターフェース、マイクロ・ナノロボット)。日本学術会議会員。IEEE Third Millenium Medal受賞。
藤川 清史
国際開発研究科教授(経済統計学・環境経済学)、国際開発研究科長。
前野 みち子
国際言語文化研究科教授(ヨーロッパ近世文化史・比較日本学)、国際言語文化研究科長。
宮田 卓樹
医学系研究科教授(細胞生物学・神経発生生物学)。
渡邉 誠一郎
環境学研究科教授(惑星科学)。

評価委員会・国際アドバイザリーボード

決定次第掲載します。